:: 2008/06/26  00:00 ::

第55回日本デザイン学会にてグッドプレゼンテーション賞受賞

第55回 日本デザイン学会(6月26日-29日、於:広島国際大学)において「動体検知を用いたストレスコーピング・ツールの開発」がグッドプレゼンテーション賞を受賞いたしました。

本ツールは、工業デザイン学科感性デザイン研究室の瀬賀誠一君が卒業制作として開発したもので、彼の卒業後も感性デザイン研究室、共同研究先の病院と連携をとりながら改良し続け、今回の学会で発表を行い受賞に至りました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ