:: 2008/11/01  00:00 ::

日本デザイン学会秋季企画大会「デザインから発想されたロボットたち」

「気配のロボット-小児入院用サークルベッドのためのロボット-」

日本デザイン学会秋季企画大会が,11月1日(土)東京芸術大学で開催

テーマは「デザインから発想されたロボットたち」

 

13:30からデザイン棟:2階ウッドデッキと展示スペースに多くのロボットが展示・実演がありました.

本研究室からは,機械システム工学科の香川美仁研究室開発のロボットを出展しました,

「気配のロボット-小児入院用サークルベッドのためのロボット-」

 

大人でさえ病気で入院すると何となく寂しく独りぼっちの気持ちになるものです.子どもであればなおさらです. そこで,何となく側に居てくれる(「気配」を感じさせてくれる)だけでホッとできるモノが欲しいと考えたわけです.

 

これを題して「気配のロボット」というわけです.

 

いろいろなアイデアをこれからロボット工学の研究室と具現化していきます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ