:: 2012/06/07  12:22 ::

「チームで支える!子どものプレパレーション」

チームで支える!子どものプレパレーション

キーワードは,「負のイメージを軽減するための『感性操作』」
患児を消費の対象とせず,学術的に検証されたツールを提供すること.
そしてそれを一般化させること.
負のイメージを軽減するデザインとは何かを具現化してみせること.
その方法を開示すること.
以上のような思いを持って以下を執筆.

Chapter2 プレパレーションの実践に必要な知識
 Section3 「子どもの見方や感じ方」(岡崎 章)・・・p60~p71

 ・情報の可視化を考える
 ・情報の形を変えて理解を促す
  「感性操作」
  「出来事」と「時系列」
  
「年齢別」
 ・子どもの視線で感じ方を考える
 ・音を効果的に生かす
 ・理解につなげる周辺要因
 ・看護師支援としての工夫
 ・ツールのレベルと子どもの反応

 

 

コメントは受け付けていません。

ツールバーへスキップ