:: 2012/05/04  12:54 ::

概念モデル可視化ツール

ツールの概要

概念モデル可視化ツールこのツールは,評価対象項目に対して用意された数値を選ぶことなく,人の曖昧な評価を曖昧なまま表現し可視化できます.
提示された評価項目に対する主観的な感覚を,マウス,ペンタブレット,指を用いてフリーハンドで図形を描いて入力します.描き方は自由であり,評価に対する曖昧な表現が可能です.決められた基準や制限はなく,評価項目の重み付けを図形の大きさで表現していきます.

次々と描いた図形は,面積が自動的に計算され,即時に各面積比を円グラフとして表現できます.
描いた図形は,大きさ,色,線の太さ,不透明度などを変更することができます.更に高さを与えることで別の評価軸として利用できます.人事評価,製品評価など応用範囲が広いと考えます.

利用目的

看護師自身による自己評価(看護という仕事のどの内容をどのくらい重視しているのかを知る)
子ども自身による評価(どれだけ不安に思っているのか可視化して第三者に伝える) 
主観的評価の数値化(患児の様子などを直感的に表現して可視化し,数値化)
痛みの種類とレベルを可視化(ちくちく痛い,鈍痛といった種類とその痛みの度合いを可視化) 
KJ法の応用
ME法(マグニチュード推定法)の応用

購入方法

株式会社 KANSEI DESIGN のみにて販売

 

関連記事
人気記事

コメントは受け付けていません。

ツールバーへスキップ